弁護士のメリット

不幸なことですが、交通事故被害者になってしまうとご自身のけがに加え、諸々の手続きが大変で、法律に詳しい人でないと分からないという事も多々あります。ですから、そう行った時は弁護士に相談されると良いでしょう。しかし、弁護士に相談というと、何か敷居が高いように思われる方もいらっしゃるかもしれません。それがそんなこともないのです。弁護士事務所のホームページ等をご覧になって見て下さるとお分かりになりますように、弁護士は皆様からのご相談を待っているのです。

ただ、どんなにホームページを見てその弁護士に相談したいと思っても、事務所の場所が遠いのでと躊躇される方もいらっしゃるでしょう。でも、だいじょうぶです。フリーダイヤルで無料相談(初回は60分というところもあります。)、契約書郵送、ご記入の上、返送、後はお任せして問題解決という流れで一度も事務所に足を運ばなくても大丈夫なのですから、これは弁護士相談の大きなメリットになります。その他にも示談金交渉など、被害者にとってやりにくいことも代行してもらえますし、保険会社の提示額より多い示談金を受け取れますから、メリットは多いでしょう。ぜひとも、敷居の高さなどを感じずに、お気軽に弁護士に相談しましょう。メリットは大きいです。

弁護士に相談

交通事故に遭って被害者になってしまった場合、示談交渉はつきものですが、納得できなくて悔しい思いをしてしまうことがあります。交通事故被害者に過失はないのですから、できるだけ多くの慰謝料をもらいたいと言うのが本音でしょう。何と言いましても、被害者は弱者ですから、弱者の味方である法律のプロである弁護士に相談することをお勧め致します。

弁護士費用は高額に思われがちですが、そうでもないです。初回相談料無料、着手金なしの上、示談金無料査定、成功報酬後払いという事務所は多いようで、成功報酬はたいてい示談金の約10%といったところでしょう。ですから、事故発生時より弁護士に相談することをお勧めいたします。面倒な保険会社とのやりとりは全て、弁護士が代行してくれるのですから、治療に専念できます。さらに過失割合に納得がいかない、治療費打ち切りの打診、後遺障害の認定、示談金の額が納得できない等ということにも弁護士が対応します。弁護士に相談した結果、過失割合を検証、保険会社との交渉、豊富な経験によるサポートがあり、示談金が増額になったというケースは多いようです。弁護士を活用して、交通事故被害者にとって少しでも有利に事を進めてもらいましょう。被害者は悪くないのですから、泣き寝入りする事態だけは避けたいものです。

交通被害の示談交渉

不幸にも交通事故の被害者になってしまった場合、怪我で入院となってしまえば、仕事にも支障があるでしょうし、今後が不安です。ましてや、示談交渉等、わけのわからないこともあるでしょう。そこで、そういった面倒なことは弁護士に任せると良いようです。とは言いましても、弁護士となると敷居が高いし、報酬料が高いのではないかという不安もあるでしょうが、そんなこともないのです。ここで、弁護士に依頼するという事を見直してみましょう。特に示談交渉においては弁護士に相談すると有利なのです。

示談提示は保険会社からあります。この段階で示談金が納得できないと言う場合は多くあるようですが、そのまま諦めてしまう人も少なくないようです。でも、この段階ならば、まだやり直せるのです。納得いかないまま、サインをしてしまったら、やり直しがききませんから、ご注意ください。まずは、弁護士に相談しましょう。示談金はもっとアップできます。交通事故で大変な思いをなさった方はそれなりの慰謝料を受け取る権利がありますから、弁護士がそれを応援してくれると思って良いでしょう。示談金アップのために示談交渉は弁護士にお願いすると良いようです。

示談金アップの理由は基準が違うからです。保険会社は自賠責保険、任意保険の低い基準で示談金を査定しますが、弁護士ならば1番高い談金が出る裁判所基準で査定します。こういったところで、弁護士に任せるメリットが見えるでしょう。当サイトは交通事故被害の皆様を応援するために弁護士相談について、弁護士のメリットについてお届けいたします。ご参考になさってください。