弁護士に相談

交通事故に遭って被害者になってしまった場合、示談交渉はつきものですが、納得できなくて悔しい思いをしてしまうことがあります。交通事故被害者に過失はないのですから、できるだけ多くの慰謝料をもらいたいと言うのが本音でしょう。何と言いましても、被害者は弱者ですから、弱者の味方である法律のプロである弁護士に相談することをお勧め致します。

弁護士費用は高額に思われがちですが、そうでもないです。初回相談料無料、着手金なしの上、示談金無料査定、成功報酬後払いという事務所は多いようで、成功報酬はたいてい示談金の約10%といったところでしょう。ですから、事故発生時より弁護士に相談することをお勧めいたします。面倒な保険会社とのやりとりは全て、弁護士が代行してくれるのですから、治療に専念できます。さらに過失割合に納得がいかない、治療費打ち切りの打診、後遺障害の認定、示談金の額が納得できない等ということにも弁護士が対応します。弁護士に相談した結果、過失割合を検証、保険会社との交渉、豊富な経験によるサポートがあり、示談金が増額になったというケースは多いようです。弁護士を活用して、交通事故被害者にとって少しでも有利に事を進めてもらいましょう。被害者は悪くないのですから、泣き寝入りする事態だけは避けたいものです。